2011年7月27日水曜日

★四季咲き木バラの剪定(夏秋の剪定)

★バラの夏秋・剪定時期

★厳寒地
 剪定時期:基本的に不要~8月上旬
 開花時期:9月中旬

★寒冷地
 剪定時期:8月上~中旬
 開花時期:9月中~下旬

★積雪地
 剪定時期:8月中~下旬、遅くても9月上旬まで
 開花時期:10月上~中旬

★関東~関西
 剪定時期:8月下旬~9月上旬(8月25日~9月10日)
 開花時期:10月中旬

★九州南部
 剪定時期:9月上旬
  開花時期:10月中~下旬

バラの夏秋の剪定は、バラの開花適温が21℃辺りになる為
開花がその温度の時期になる様に行うのが原則となります。

早すぎると暑くてすぐ花芽となり、適温時に咲いてくれず、花がイマイチに
遅すぎても、寒さが来て蕾のままで冬が来るとなってしまいます。


★剪定のやり方

まず、剪定ばさみを用意します。
良く、切れると言う事と、清潔である事
が大事です。
火を用いて消毒すると焼きいれが変わってしまうので
中性洗剤で良く洗ったり、消毒用アルコールで
拭き取れば消毒は十分です。

夏秋の剪定は、株全体のうち

ハイブリットティーは、
2/3強の高さまで、切り詰める

フロリバンダは、
2/3弱の高さまで切り詰める

チャイナローズは、枝先を整理する程度
深く切ると一気に樹勢を失うケースが多いので
注意が必要です。

ガリカローズ
一季咲きの木バラ~半つるバラです
基本的に秋は咲きませんので、そのまま放置とします。

イングリッシュローズ・ロマンティカローズ
この系統は、オールドローズとモダンローズの
交配により生まれていますので、
様々な形状タイプ(木バラ・半ツルばら・ツルばら)
があります。
基本的に、木バラのタイプがフロリバンダと同じ
剪定の仕方をします。
また、半ツルタイプであっても
モダンローズの四季咲き性を受け継いでいますが
チャイナローズと同様な枝先の整理程度が無難だと思います。
深く切って秋に咲くと言うよりも、花柄切りでボチボチ咲く
と言う印象が強いからです。

株全体に対しての剪定の大体の位置は、
下記の図を参考にして下さい。
(ハイブリットティーの剪定位置です)

















次に剪定する位置の詳細ですが、下記の図の様になります。



















ポイントとしては、バラの新芽は、葉の付け根にあり
その葉の付け根より上、5mmの所で斜めに剪定します。
そして、新芽は葉の向いている方向に伸びていきますので
葉の向きが重なり合う方向で剪定をしてしまうと
伸びた枝が重なってしまいます。

全体から剪定の大体の位置が決まったら
その位置の辺りの、葉の向きを気をつけて
斜めに剪定してください。

結構、バラは間違って剪定しても
ちゃんと咲いてくれるので
安心して思い切って剪定してみてください。

バラの剪定で大事なのは、
剪定技術とか道具とかもありますが、
最も大切な事は













































































やっぱり
切る勇気(笑)
です。

            ★ブログ資料館一覧に戻る
       → http://roseadb.blogspot.com/2010/12/blog-post.html