2011年5月31日火曜日

★四季咲き木ばらの花がら切り

花がら切りとは、剪定と異なり
バラの春一番の花の後の花がら等を
整理する事を言います。

剪定は、基本的に花を咲かせる為に
行うもので、
バラの開花適温は、21℃あたりが
最も美しい花形と色を出すのです。

ですから、剪定は、開花がちょうど
21℃辺りになる時期に咲くように合わせます。
剪定の詳しい内容は下記へ

★四季咲き木バラの冬の剪定
http://roseadb.blogspot.com/2010/12/blog-post_8191.html

★四季咲き木バラの夏の剪定
→ 8月に執筆予定です。


【 花がら切り 】

剪定の時は株全体の何分の一となってましたが、
花がら切りは、伸びた枝の1/2の箇所を
切ります。
以下の図を参考にして下さい。
















剪定する位置の詳細は、冬や夏の剪定と同じ
下記の図の様になります。





















ポイントとしては、バラの新芽は、葉の付け根にあり
その葉の付け根より上、5mmの所で斜めに剪定します。
そして、新芽は葉の向いている方向に伸びていきますので
葉の向きが重なり合う方向で剪定をしてしまうと
伸びた枝が重なってしまいます。


花がら切りの後に、すぐ重要な事があります。
それは、
肥料やりを必ず行うです。

体を失った訳ですから
その分を補ってあげる必要性があります。
これをお礼肥えと呼びます。

お礼肥えの追肥には、
ロゼア・ローズフード追肥用を与えましょう。

この肥料は、追肥を行って即効性で効果を出し
また、温度にもよりますが、1ヶ月弱の肥効が
期待できます。

そして、肥料が1ヶ月弱程度で切れる事も重要で、
肥料が切れた辺りに、次の花が咲きます。

開花中に窒素主体の肥料が効くと、花形が荒れ
花色まで悪くなってしまい、美しく無いです。
 
ともかく花がら切りだけで無く剪定も含めて
切ったら肥料”””
と覚えておいて下さいね!!!

【ロゼア・ローズフード・追肥用】
天然オリジナル完全有機バラ肥料
http://roseadb.blogspot.com/2010/12/blog-post_5399.html

★ブログ資料館一覧に戻る
 → http://roseadb.blogspot.com/2010/12/blog-post.html

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
ロゼア・夢ばらプロジェクト
(株式会社 会友 内)
無農薬で薔薇(バラ)栽培を!
安心・安全なガーデニングライフを応援します。
所在:千葉県四街道市さちが丘1-8-16  
電話:043-308-9831 
FAX :043-308-9830 
e.mail: info@rosea.co.jp
Http  : http://rosea.co.jp/
ブログ :http://roseadb.blogspot.com/2010/12/blog-post.html
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;